レザークラフト第5作目 コインケース(3)

さて、次も再びコインケースに挑戦!
2016220日掲載のコインケース(2)の反省を考慮に入れて、今回はバネホックボタンが取れてしまわないようにしっかりと打ちつけて作ろうと思います。
今回は前回掲載のコインケース(2)に少しアレンジを加えて角の丸みを減らし、切符などを入れる裏面は少し切符等を取り出しやすい形に作ろうと思います。

準備したものは道具などの他に、厚さ1.8cmほどの革・糸は麻糸・バネホックボタンを用意しました。

まず、前回のコインケース(2)を参考に2枚のパーツの型紙を作製しました。

次に型紙通りに革をカッターで裁断しました。
今回は革のパーツは2枚なので、2枚を切り終えたら、一度組み立てて、はみ出している革の部分を切り揃えます。

次は、トコノールを革の床面(ざらざらした裏面)とコバ(側面)部分に銀面(革の表側)に付かないように注意しながら付けて磨きました。この段階で本体の裏側にくる切符等のカバー部分のコバは全て磨きます。

次は、革を縫うための穴開けです。
今回は菱目打ち(それぞれ3mm巾の2本と4本)を用いて直線部分は4本の菱目打ち・カーブ部分は2本の菱目打ちで1枚ずつ穴を開けました。この時、注意しなければならないことは、それぞれ2枚の革のパーツを組み立てた時、同じ位置に穴がくるようにしておかないと後で針が通らなくなってしまいますが、重ねて一気に穴を同時に開けようとすると一番上の革と一番下の革に開く穴の大きさが変わってしまうので、コツコツ地道に1枚ずつ穴を開けます。

次に本体にバネホックボタンの穴2箇所を開けそれぞれ取りつけです。
穴を開ける位置は完成形をイメージしてそれぞれ正確に合わせないと完成後蓋が閉まらなくなったりしてしまう可能性があるので特に注意します。
また、この穴あけはハトメ抜きを使うと綺麗な穴が開きます。ただし、穴の大きさがバネホックボタンの足の太さより小さいとバネホックボタンが取り付けられないし、穴の方が大きいとバネホックボタンがグラグラと動いてしまうので、取り付けたいバネホックボタンに適したハトメ抜きを使います。
今回は、バネホックボタンが外れないようにきっちりと付けようと力を入れたら、力を入れ過ぎてしまいバネホックボタンの表面に凹みができてしまいました。

いよいよ組み立てて縫います。
表からも裏からも同じような強さで糸を引っ張りながら同じ調子で縫い進めたり、力がかかりそうな部分は返し縫いをしたりして縫いました。

最後の仕上げに、本体部分の外周のコバ部分をトコノールで磨いて完成です。

ちなみに、レザーのコインケースはこんな感じで出来上がりました。
3作目コインケース 閉じた時正面から3作目コインケース 閉じた時裏側から3作目コインケース 開いた時内側から 写真上はコインケースを閉じた状態で正面から、写真中は閉じた状態で裏側から、写真下は開けた状態を写したものです。今回は前回と異なりかぶせ部分の革を1枚減らしているので、写真上のようにバネホックボタンが見えるタイプになっています。また、今回使用している革は1色なので写真中は見え難いですが少し差し込み口の入り口がゆるいカーブになっています。

今回の大きな反省点は以下の通りです。
・バネホックを傷めないために、バネホックボタンを取りつける時は力加減に注意する

レザークラフト第4作目 コインケース(2)

さて、次は再びコインケースに挑戦!
2016214日掲載のコインケース(1)の反省を考慮に入れて、今回はコインケースは厚さの異なる2種類の革で作ろうと思います。
今回はコインケース本体の裏側に乗車券や特急券などの切符等も収納できるようにしたコインケースを厚さの異なる革を使い少しアレンジを加えて作ろうと思います。

準備したものは道具などの他に、厚さ1.8cmと0.1cmほどの革・糸は麻糸・バネホックボタンを用意しました。

まず、本を参考に3枚のパーツの型紙を作製しました。

次に型紙通りに革をカッターで裁断しました。
今回は革のパーツは3枚なので、3枚を切り終えたら、一度組み立てて、はみ出している革の部分を切り揃えます。

次は、トコノールを革の床面(ざらざらした裏面)とコバ(側面)部分に銀面(革の表側)に付かないように注意しながら付けて磨きました。この段階で本体の裏側にくる切符等のカバー部分のコバは全て磨きます。

次は、革を縫うための穴開けです。
今回も菱目打ち(それぞれ4mm巾の2本と4本)を用いて直線部分は4本の菱目打ち・カーブ部分は2本の菱目打ちで1枚ずつ穴を開けました。この時、注意しなければならないことは、それぞれ3枚の革のパーツを組み立てた時、同じ位置に穴がくるようにしておかないと後で針が通らなくなってしまいますが、重ねて一気に穴を同時に開けようとすると一番上の革と一番下の革に開く穴の大きさが変わってしまうので、コツコツ地道に1枚ずつ穴を開けます。

次に本体と本体のかぶせ部分にバネホックボタンの穴を開けそれぞれ取りつけです。
穴を開ける位置は完成形をイメージしてそれぞれ正確に合わせないと完成後蓋が閉まらなくなったりしてしまう可能性があるので特に注意します。
また、この穴あけはハトメ抜きを使うと綺麗な穴が開きます。ただし、穴の大きさがバネホックボタンの足の太さより小さいとバネホックボタンが取り付けられないし、穴の方が大きいとバネホックボタンがグラグラと動いてしまうので、取り付けたいバネホックボタンに適したハトメ抜きを使います。
また、バネホックボタンを取り付けた後、念のため、きっちりと取り付けられたかどうか何度か開閉したりして確認しましょう。実際に私は取り付けが甘くて数回失敗しました。

いよいよ組み立てて縫います。
表からも裏からも同じような強さで糸を引っ張りながら同じ調子で縫い進めたり、力がかかりそうな部分は返し縫いをしたりして縫いました。
今回は多い場所でも革が2枚しか重なっていないので、薄い革と厚い革を縫う所はもちろんのこと、厚い革同士を縫う部分でもそれほど指を痛めることなく縫うことができました。

最後の仕上げに、本体部分の外周のコバ部分をトコノールで磨いて完成です。

ちなみに、レザーのコインケースはこんな感じで出来上がりました。
2作目コインケース 閉じた時正面から2作目コインケース 閉じた時裏側から2作目コインケース 開いた時内側から
写真上はコインケースを閉じた状態で正面から、写真中は閉じた状態で裏側から、写真下は開けた状態を写したものです。

今回の大きな反省点は以下の通りです。
・不良品にさせないために、バネホックボタンがきっちりと取り付けられたか確認する

レザークラフト第2作目 コインケース(1)

さて、次はコインケースに挑戦!
先日作った定期入れを縫う時に縫うのが硬くて指が痛くなったので、縫いやすいように今度は柔らかくて薄い革で作ろうと思います。
今回は本に掲載されていたコインケースを作ろうと思います。

準備したものは道具などの他に、厚さ0.1cmほどの革・糸はナイロン糸を用意しました。

まず、本を参考に5枚のパーツの型紙を作製しました。

次に型紙通りに革をカッターで裁断しました。ただ、雨がかなり降っていて切っている最中にも革が伸びたりして、かなり型紙と違う形になってしまいました。
今回は革のパーツは5枚なので、5枚を切り終えたら、一度組み立てて、はみ出している革の部分を切り揃えますが、やっぱり伸びて歪な形になってしまいました。

次は、トコノールを革の床面(ざらざらした裏面)と組み立てた後に塗りにくそうなコバ(側面)部分に銀面(革の表側)に付かないように注意しながら付けて磨きました。革が柔らかくて薄いので、コバにトコノールを付けて磨くのはすごく難しかったです。

次は、革を縫うための穴開けです。
今回も菱目打ち(それぞれ4mm巾の2本と4本)を用いて直線部分は4本の菱目打ち・カーブ部分は2本の菱目打ちで1枚ずつ穴を開けました。この時、注意しなければならないことは、それぞれ5枚の革のパーツを組み立てた時、同じ位置に穴がくるようにしておかないと後で針が通らなくなってしまいますが、重ねて一気に穴を同時に開けようとすると一番上の革と一番下の革に開く穴の大きさが変わってしまうので、コツコツ地道に1枚ずつ穴を開けます。
ここでも、革が伸びてしまいました。

縫い穴が開いたらパーツを組み立てて、いよいよ縫う番です。
表からも裏からも同じような強さで糸を引っ張りながら同じ調子で縫い進めたり、力がかかりそうな部分は返し縫いをしたりして縫いました。
多い場所では革が3枚重なっていますが、今回は革が柔らかくて薄い分、力加減は難しいですが、硬くて指が痛くなることは全くありませんでした。

ちなみに、初めて作ったレザーのコインケースはこんな感じです。
初めてのコインケース 正面から初めてのコインケース 開いた時正面から 初めてのコインケース 開いた時裏側から
写真上はコインケースを閉じた時、写真中は開けた時の内側、写真下は開けた時の外側をそれぞれ正面から写したものです。写真をご覧頂いても分かる通り、革は伸びているし、さらに、柔らかい革なので、フニャフニャで頼りなく残念なコインケースになってしまいました。
しかし、このコインケースを作ったことにより逆にいろいろなことを経験し学ぶことができたので、今後は失敗を糧にして作製していきたいと思います。

今回の大きな反省点は以下の通りです。
・革が伸びるのを防ぐため、湿度の高い日は特に薄い革の裁断・穴あけをしない
・フニャフニャになるのを防ぐため、柔らかすぎる革のみのものは作らない